HOME
 波動グラフとは
 波動グラフ料金料
 Q&A
 姓名波動の不思議(1)
 姓名波動の不思議(2)
 ブログ( FC2 )
 お問い合わせ

波動グラフとは
現在は、物質的豊かさと高度な情報化社会が織りなす時代です。しかし、私たちの生活に最も大きな影響を与える人生の推移変化については、科学的に何ら解明されておらず、宗教・哲学の分野で極めて抽象的・概念的に捉えられているにすぎません。 この姓名波動グラフは、人間が生きるための活動の性質解明に取り組んだもので、全く新しい“人生の導き書”ともいうべきものです。

中国の古言に“天に従うは栄え、逆らうは滅びる”という教えがあります。姓名波動グラフは、あなたの人生に訪れる、昇・盛・降・衰の各期を日・月・年で刻み、自然の流れを明らかにしています。波動グラフを通して、あなたに与えられた運をフルに活用すれば、2度と生まれ変われない大事な人生を悔いなく生きることができるでしょう。


1.グラフのカテゴリー
波動グラフは、大きく4つのカテゴリーに分けられます。

現在は、物質的豊かさと高度な情報化社会が織りなす時代です。しかし、私たちの生活に最も大きな影響を与える人生の推移変化については、科学的に何ら解明されておらず、宗教・哲学の分野で極めて抽象的・概念的に捉えられているにすぎません。 この姓名波動グラフは、人間が生きるための活動の性質解明に取り組んだもので、全く新しい“人生の導き書”ともいうべきものです。

中国の古言に“天に従うは栄え、逆らうは滅びる”という教えがあります。姓名波動グラフは、あなたの人生に訪れる、昇・盛・降・衰の各期を日・月・年で刻み、自然の流れを明らかにしています。波動グラフを通して、あなたに与えられた運をフルに活用すれば、2度と生まれ変われない大事な人生を悔いなく生きることができるでしょう。

1.グラフのカテゴリー
波動グラフは、大きく4つのカテゴリーに分けられます。

@

人物グラフ

A

企業グラフ

B

国家グラフ

C

市況予測グラフ



2.グラフの種類
一つの対象につき20種類の異なった切り口の波動グラフがありますが、基本は次の8枚グラフで構成されます。
8枚の基本波動グラフ
行動グラフ 対外活動状況
発想グラフ 喜怒哀楽などの心の内面状況
所得グラフ 収入ベースの稼ぐ力
蓄財グラフ 収支ベースのバランスシート状況。消費生活の質
社交グラフ 引き立て運等社会的評価
家庭グラフ 家庭内のもならず、部下や同僚・仲間等からの支援度
肉体グラフ 事故や災害などの傷害リスク度
神経グラフ ストレス度

12枚の派生波動グラフ
健康グラフ 生命力そのもの。天寿を知ることができる。
愛情グラフ 愛情面の運気(人気度)
勝負グラフ 賭け事はもちろん、スポーツや裁判まで有効
性格グラフ 情緒は安定し積極的になれるか、不安定で消極的になるか?
能力グラフ この能力とは、経験と努力から身についた後天的な才能をいう
職業グラフ 職場の多忙性、安定性、指導性、支援力
仕事グラフ 仕事の達成度
財運グラフ 恵まれる時期、失う時期
独立グラフ 独立の時期は?
幸福グラフ 哲学的なものではなく、日々の日常生活に密着した運気
娯楽グラフ 人生を楽しんでいるかどうか?
病気グラフ どんな時注意すべきか?

3.グラフ作成の目的
グラフに描かれた一本の波動は、過去から未来にかけて正確なリズム循環を持って推移していますので、過去の分析結果が過去の事実現象と90%程度合致しているなら、未来の予測的中率も90%程度合致すると考えております。 つまり、過去の波動と未来の波動とを対比して分析することにより、来るべき予測現象を推理することがグラフ作成の目的です。

4.グラフの見方のポイント
グラフ分析には、次の3点が重要となります。
@ 絶対的水準
左メモリが「40」以下は不調期で、特に「20」以下は危機的状況。
同様に
「60」以上は好調期で、特に「80」以上は絶頂期となります。

また、「40〜60」は平均的状況と捉えます。
A 方向性
衰時にひがまず、上昇期にひるまず、盛時におごらず、下降期におどらず、の態度が肝要です。またその方向性がどのくらい継続性があるかを見定めることが大切です。
B 角度
鋭角的な角度の場合、突発的事象が起きる可能性が高く、鈍角的な場合は慢性化した事象になることが多い。
5.注意事項
初めてグラフをご覧になった時には、波線の上昇や下降に一喜一憂すると思います。これはグラフを見慣れないことと、未来に希望を持ちたいと願う欲目で見るからです。あなた自身の過去のグラフをご覧になれば、もっと激しい上昇や下降を示した時期が幾度も繰り返されてきたことが理解されるはずです。この意味で人生は、“期待するほど良いこともなければ、恐れるほど悪いこともめったにありません”。

また、人々は「上昇の予測は楽しいから知って信じたいが、下降の予測は恐ろしいから知りたくない」と思いがちです。確かに、下降し底を低迷するグラフを見れば、妄想がエスカレートして不安を抱かせます。しかしこの不安と緊張が、自然のうちに動物的本能を備えさせ、予測できなければ当然“たたき散らした”はずの悪化を、防ぐことができるのです。大難を小難にとどめたり、見事な対応で克服したりできるようになるのです。

信用や財産を築いていく時には、長い年月をかけて営々と積み上げていく努力が必要です。しかし、これを失う時は、わずか数日、数か月の失敗で悲惨な結末を招いたりします。人々は将来の発展のみに心を奪われがちですが、実は発展と挫折は表裏一体の因果関係にあって、“苦境を克服する力”の有無により、連綿と継続する長期的な発展が約束されるのです。このような人生の難しいメカニズムからみても、下降期を事前に予測して対応を進めることは、将来の発展を見据えると、いかに重要なのかがお分かりになると思います。

Copy Right (C) 2012 姓<なまえ>名−名前は人生のDNA− All Rights Reserved